ツール リンク ログ

2015/07/23

【クラクラ独り言】ジャンプとアースクエイクの比較

はじめに

皆さん既にご存知のようにジャンプの範囲が広がりました。
これまでは直径5マスに引き寄せ効果がありましたが、現在は直径7マスに効果があります。

一方でアースクエイクは4つ使うと壁を破壊できることで有名です。
しかしそのためにはジャンプの倍のスペースが必要になります。

今回はこれらの呪文について私が思うメリット・デメリットを挙げていき、それぞれを比較してみます。


アースクエイク

メリット
・直径8マスの壁を破壊できる
・時間制限がないため、事前に穴を開けておくことができる
・壁以外の施設にもダメージを与えられる
・呪文を1つだけ持っていき、特定の壁にダメージを与えることでユニットを誘導できる
・TH8から使える
・HPの少ない建物を破壊する
・クエイクを落とす位置を調整して特定の壁だけに穴を開けることもできる


デメリット
・壁を壊すには4枠必要
・レベルをあげても壁を壊すには4枠必要



ジャンプ

メリット
・2枠で直径7マスの壁を無効化できる
・ジャンプ状態が切れる前なら範囲外の壁も飛び超えることができる
・4枠分のジャンプを使えば直径14マスになりクエイクより広くなる。
・ジャンプを2つ使う場合、クエイクを1ヶ所に4つ使う場合と違ってジャンプ2つの位置を調整することで「侵入用」と「脱出用」に使い分けたりできる
・ジャンプがフィールドに投下された瞬間に壁をターゲットしているユニットがターゲットを取り直す(現在はほぼ無意味?)


デメリット
・ジャンプの範囲内に侵入し、ジャンプ状態になったユニットはターゲットを取り直すために一時停止する
・ジャンプの範囲外に出てジャンプ状態が切れたユニットはターゲットを取り直すために一時停止する
・時間制限があり、前もって投下できないため混戦時の精密なタップが求められる



比較

ジャンプとクエイクの範囲の違いがわかりやすいのは「6マスの部屋」へ呪文を使った場合です。
ジャンプの引き寄せ効果は5マス部屋が限界ですが、クエイクは6マス部屋まで有効です。
とくに以下のような配置でその差がわかります。

この配置にジャンプを落としても「奥の壁」はなくならないのでユニットは横に流れていきます。
クエイクなら「奥の壁」も破壊できるためユニットが中央へ侵入しやすいです。



ただしジャンプは引き寄せ効果が発生しなくとも、ジャンプ状態が切れる前なら範囲外の壁を飛び越えることができます。
さらにジャンプをクエイク同様に4枠使用すればクエイクより広範囲の壁を無効化できます。
そのため「範囲の比較」ではジャンプが優勢に感じます。



クエイクのが優れている点

クエイクの利点はジャンプと違ってターゲットの取り直しによる一時停止がないことと、周囲の施設に対してダメージを与えることでしょう。
これによって侵攻速度が上昇します。
ただしジャンプレイジの計4枠でも同等かそれ以上の速度に期待できます。


クエイクにしかできないことといえば、TH8での解禁でしょう。
サブ垢がTH8だったときTH10からの星2つ狙いを何度も試しましたが、マルチITに阻まれてwbを通すのがかなり難しかったです。
壁の破壊にユニットを割きすぎると50%に満たず、テクニックでどうにかなるレベルではないと感じました。
しかしクエイクなら無条件に穴をあけられます。

ただTH8がTH10に星2つ取らないといけない場面はかなり限定されてますし、穴をあけられるだけで星が取れるわけではありません。



終わりに

個人的には現状、ジャンプのが強いと思ってます。
クエイクは今のところレベルをあげる価値もないため、なんらかの調整が行われる可能性が高いでしょう。
そのときに改めて評価される呪文だと思います。


それではまた!



12 件のコメント :

  1. 天狗の落し子2015年7月24日 12:18

    初めまして。いつもブログの更新を楽しみにしております。

    アースクエイクについて、検証を行っていますので、情報の提供をさせて頂きます。
    私自身はTH8中盤のペーペーなので、戯言だと思って目を通して頂けると幸いです。

    検証地:ゴブリン前線基地
    アースクエイク:レベル1
    2時方向の岩と岩の間にババを召喚すると、壁を迂回して大砲を攻撃。
    2時方向の壁にアースクエイクを2発落とし、ババを召喚しても同じ挙動。
    アースクエイクを3発落とし、ババを召喚すると、迂回せず、壁を攻撃。
    因みに、ペッカはここの壁を一撃で破壊しますが、ババと同じ挙動をしました。

    アースクエイクを3発使うことにより、「迂回 < 壁破壊」の挙動を起こせる事になります。

    壁を一撃で破壊できるペッカが、アースクエイクによって挙動が変わると言うことは、
    壁の残りHPの割合によって、「迂回 < 壁破壊」の挙動になるものだと思われます。
    よって、アースクエイクのレベルを上げる事によって、
    2発でこの挙動を引き起こせるようになるのではないかと思います。

    細かい部分の検証がまだまだですが、
    もし、2発で「迂回 < 壁破壊」を引き起こせるなら、レベルを上げる意味も出てきます。
    ユニットが迂回し易い現状、この挙動はアースクエイク特有の強みとして、
    ジャンプとの差別化も出来る筈です。

    当たり前な情報だったとしたら申し訳ありません。

    返信削除
    返信
    1. ダメージのある壁を狙うのは知ってましたが残HPによって優先度がかわるとは知りませんでした!
      詳しく調べてみる必要がありますね!今はちょっとできませんけど…(._.)

      削除
  2. こんにちは。質問です、ジャンプを打ってもアチャクイだけはジャンプ状態にならずに近隣の施設のタゲ取りを行います。(飛んでくれません)何故なんでしょう?
    基本的なことでしたらすみません。

    返信削除
    返信
    1. ジャンプは単純に壁をなくすだけなのでユニットがそこにいくとは限りません。
      ババキンやペッカも穴が空いてるからといって中に入るとは限りませんが、それと同じです。
      最近のアプデでユニットが迂回しやすくなったのでこれまでより丁寧にサイドカットしないとクイーンは流れてしまいますね…(/_;)

      削除
  3. いつもお世話になっています。

    ジャンプについてですが、たとえばWTのような3*3マスの施設の上下に壁がある場合、単純に計算すると
    5*sqrt(2)≒7.071>7
    になるので、ジャンプ1つで両方の壁を無効化することができないということになるのでしょうか
    さきほど試してみましたが、やはり片方の壁しか無効化できていないようでした。
    ただ、もしかしたら、ど真ん中に落とせばギリギリ両方無効化できたりすることもあり得るのではないかと思い質問させていただきました。

    返信削除
    返信
    1. ジャンプの呪文を勘違いしていないでしょうか?
      レイジと同じように効果範囲から出た後も少しの間は有効です。ジャンプの呪文はユニットに壁を飛び越える性質を与えるもので、その場に力場を作るわけではありません。

      削除
    2. ジャンプ状態の話ではなく、引き寄せ効果の話です。
      この記事のジャンプのメリットの項に、

      >2枠で直径7マスの壁を無効化できる

      とある件です。

      削除
  4. 自分で試す機会がありましたので検証してみました。
    左右の壁に関しては、ちょうど真ん中に落とせば両方の壁に引き寄せ効果が確認されました。

    https://youtu.be/NlrfAC35z10

    上下の壁に関しては、真ん中に落とした場合、効かない事(正確には、上の壁をジャンプしなかったので効いているか確認できなかった事)があったので、真ん中より少し上にジャンプを落としたところ、両方の壁に引き寄せ効果が確認されました。

    https://youtu.be/_n8c5jClWLg

    返信削除
  5. 横から失礼します。
    なるほど上下の場合は壁の上部が掛かるようにジャンプを落とした感じになっていますね。
    俯瞰図の誤差なんでしょうかねぇ・・・

    返信削除
  6. 返信遅れました、途中やりの範囲検証を完成させて以下のページに掲載しました。
    http://coc-yamada.blogspot.jp/2015/07/blog-post_18.html

    3*3部屋の対角の壁は引き寄せ効果の有効範囲ですね!

    返信削除
  7. こんにちはー。
    クラッシュオブクランの放置村でがっぽり稼ぐ研究中です。
    なかなか有益な記事挙げたつもりなんで、よかったら遊びに来てください!

    返信削除
  8. 山田さん引退ってマジ?

    返信削除