ツール リンク ログ

2015/01/02

【クラクラ】ライトニングの法則

はじめに

▼ライトニングのさらに詳細な記事を公開しましたのでそちらもご覧ください。
参考:ライトニングを全弾ヒットさせる方法


皆さん、ライトニングが思い通りのポイントに落ちなくて悩んではいませんか?

私はよく「ネクロの処理」に失敗して泣かされました。
なぜか私がライトニングを使うと雷が右側に集中して落ちるんです
自分は昔から運が悪いのできっとそのせいだと思ってました、しかし…。


しかし実はライトニングが落ちる場所には「法則」があります
つまりライトニングが右側に集中していたのは私の運が悪いのではなく、もともと右側に集中するように設定されていたのです。


というわけで今回はライトニングの法則について紹介します。


ライトニングの特徴


ライトニングは「タップした場所を中心とした半径3.5マス内」に、合計6発の雷を落とします。


ライトニングに表示されているダメージは6発の合計です。
つまり1発のダメージは表示を6で割った数になります。


そして1つ1つの雷は「半径2マスの範囲攻撃」です。
これはけっこうデカイです、「ラボ」や「タウンホール」と同じサイズです。
一応確かめたら1発の雷で4つの壁にダメージを与えられました、半径2マスで間違いなさそうです。


なので施設に対してライトニングを使う場合は、基本的に「落とす位置」に気を使う必要がありません。
「弾」がデカイし、「まと」もデカイので大体はヒットします。


問題は援軍を倒す場合です。
いくら「弾」がデカイとはいえ、ユニットが相手だと「まと」が小さすぎてライトニングを当てるのが困難です。
1発当てるだけならともかく、ネクロは2発、ウィザードは3発も当てないと倒すことができません。
そのため援軍処理の際は、よりたくさんの雷がヒットするようにライトニングの投下位置を調節する必要があります


ライトニングの法則


ライトニングはランダムに見えますが、実際は決まった場所に落ちます
そして落ちる場所は「その戦闘で何回目の呪文なのか」によって変化します。


一般的には「ターゲットの右側をタップすると援軍を処理しやすい」といわれてますが、いつでも右側に落とせばいいわけではありません。
そのライトニングが「何回目の呪文なのか」によって有効な位置は変わってきます。


1回目


ライトニングはタップした場所から左側にたくさん落ちます。
つまりターゲットの右側をタップすれば援軍を倒しやすくなります。
これが一般的にいわれる「ターゲットの右側をタップ」ですね。


2回目


冒頭で述べた右側に集中するやつです、何度も泣かされました。
ライトニングを使う前にレイジを使用したり、フリーズで動きを止めてからライトニングを使うと「2回目の法則」で落ちます。
この場合はターゲットの「左側」をタップしないといけません。
「ターゲットの右側をタップ」という知識だけだと処理に失敗します。
また、右側に集中して落ちるために「左側に向かって移動する援軍」には当てにくくなっています。


3回目


ほとんどタップした場所に落ちます。
最後の1発だけ大きく左に落ちます。
wb→レイジ→フリーズのように呪文を2回使ったあとはこの法則になります。


4回目


こちらもほとんどタップした場所に落ちます。
まあ4発目のライトニングで援軍を処理することはありませんね。


5回目


ほとんどがタップした場所から右側に落ちます。
2発目と似ていますが、右下に集中して雷が落ちます。


終わりに


このようにライトニングは「落ちる場所」と「順番」が決まっています。
重要なのは「同じ座標に2発は落ちないこと」でしょう。


つまり「援軍のいる座標」にライトニングを使用すると、その座標には1発しか雷が落ちないため、援軍を倒せる確率が大幅に下がります
画像で説明するとこんな感じです。


」はネクロの真上に投下しましたが、その座標には雷が1回しか落ちないので1発しかヒットしていません。
」はネクロから座標をズラして投下したので直撃はしませんが、範囲攻撃なので3発もヒットしています。
雷を直撃させるのではなく、雷の範囲に当てることを意識しなくてはいけません。


また、2回目のライトニングでも触れましたが「援軍の移動する方向」によって向き不向きがありますし、タップしてもすぐに発動するわけではないので「時間差」と「移動先」を予測して使用する必要があります。


このように、適切な位置にライトニングを落とすのはとても難しいことです。
しかし理解しておきたいのは「ライトニングは運任せではなく練度によって精度の変化する呪文」だということです。
ライトニングで援軍処理に失敗するのは運が悪いのではなく、練習不足が原因ということです、とほほ。


それでは、今年もよろしくお願いいたします。



12 件のコメント :

  1. これはビックリ…まさか何回目かで決まってるとは…。目から鱗が落ちました。今年もハイレベルな記事を楽しみにしております。

    返信削除
    返信
    1. 私も気づいたときは驚きました、先入観のせいでずっとランダムだと思ってたので検証しようとも思ってませんでした。
      しかしあまりにも右側に集中しすぎて「運が悪い」だけでは片付けられなくなり、とうとう解明することができました:D
      これからも先入観にとらわれずに色々な実験をしていきたいです(*^^*)

      削除
  2. こなちぃ~ず2015年1月5日 23:41

    はじめまして。凄い研究なさってるんですね。自分はバルーンのみ使っているのでとても参考になりました。今度ラヴァ4編成の時に援軍処理で使わせてもらいます。

    返信削除
    返信
    1. ありがとうございます(≧∇≦)
      ウィザードのライトニング処理は非常にシビアで、1つにウィザードがかたまってないと処理に失敗してしまいます。
      ウィザードが1つにまとまるような出し方の工夫と、焦ってウィザードが出る前にライトニングを打たないことが大事そうです。
      私もまだまだ研究中です!

      削除
  3. はじめまして、クランリーダーをやっておりまして以前から参考にさせて頂いています、ありがとうございます。
    ライトニングの落雷に法則があったとは…、驚愕です。
    是非クラン戦で活用させていただきます、今後も期待しております。

    返信削除
    返信
    1. ありがとうございます、釣れない配置への対抗策が万全になれば攻め方のレパートリーが増えそうですね!

      削除
  4. はじめまして。以前からちょくちょく見させていただいておりました。
    ライトニングがこんなにも熟練が必要な呪文だとは思ってもみませんでした・・・
    ところで、私はクランブログなのですがぼちぼち記事書いてるのですが、クランのみんなに紹介したく是非こちらの記事を紹介させていただけないでしょうか?
    よろしくお願いします。

    返信削除
    返信
    1. どうぞどうぞ、どんどん広めていってください(^-^)

      削除
  5. 早速、ブックマークしてしまいました。
    貴重な情報ありがとうございます。

    返信削除
    返信
    1. ありがとうございます、検証したものの記事にしてないものが色々あるので徐々に開放していきます:D

      削除
  6. ライジングの二回目の落ち方違って失敗。クラン対戦攻撃失敗(--〆)

    返信削除