ツール リンク ログ

2014/11/21

【クラクラ】レベル1のホグラッシュ【TH7~8】

前置き

皆さんのクラン対戦は順調ですか?
クラン対戦で求められる星の数はクランによって違いますが、私のクランではTH8は星3つで埋め尽くすようにしています。


しかし、TH8の方にとって同格全壊はちょっぴり難しいですね。
天下無敵のドララッシュもTH8終盤から苦しくなります。
そして伸び悩み、自己嫌悪、果てはクラン脱退まで考える方も珍しくありません。
そんなとき、ふと頭をよぎるのはホグラッシュ。



「ああ、育てておけばよかった…」


TH7~8にとってダークエリクサーはとても貴重です。
おかげでホグライダーの研究は後回し、だってTH8中盤ぐらいならドララッシュで全壊できたんです、ホグライダーなんて必要なかったんです。

しかしそれがいけなかった!

TH8終盤を安定して全壊するためにはホグが必要です。
こんなことになる前に、できることならホグを育てましょう


さて、前置きはこの辺にしといて…。
今回はそんなホグを育ててこなかった人のための記事です。
「ホグってレベル1でも使えますか?」という人のための記事です。



編成


編成はこんな感じです、ホグがかなり多いです。
ホグラッシュというのは”ホグで防衛施設を壊した後、生き残ったホグでその他の施設を壊す戦法”です。
生き残ったホグが少ないと時間切れで失敗しますし、場合によっては一体も生き残らないことがあります。
そのため、ホグはできるだけたくさん用意します、最低でも30体はほしいです。


そして大事なのは援軍の処理に使うユニットですね。
より少ないユニットで援軍を処理できれば、よりたくさんのホグライダーを連れて行くことが出来ます。
つまり援軍処理の腕前がホグラッシュの成功率に直結するわけです。


自分のクランの城の中身は、このときはたしかアーチャーが20体でした(使いませんでしたが)。
クラメンにホグを育ててる人がいるならホグをもらいましょう。
ちなみにユニットレベルを見てもらえればわかりますが、戦力はTH7です。



村選び

レベル1~2のホグラッシュは村選びですべてが決まります。


TH8になると巨大爆弾をレベル3にアップグレードすることができます。

▲ニンジンがトッピングされて見た目が少しハデになるやつですね。


レベル1~2のホグライダーは、このハデな巨大爆弾を踏むと即死します。
即死というのは、当然ヒーリングが間に合いません、一瞬で消えます


なので以下の村は避けるようにします。
・村が育っていて巨大爆弾も工事済みの予感がする
・しかも巨大爆弾が壁の中にあって避けることが出来ない


逆に攻略しやすい村は以下です。
・TH8あがりたてで巨大爆弾はきっと育ってない
・すでにメンバーが攻めていて巨大爆弾の位置がわかり、しかも解除が簡単
・巨大爆弾が壁外にあってホグの通り道にはない
・援軍も罠も補充してない放置村


▼そして今回襲う村はこちらです。

見ての通り、巨大爆弾は壁内にありません。
ホグライダーは「防衛施設」を優先的に狙うので、壁外の「その他の施設」の近くに巨大爆弾があったとしてもホグが踏むことはほぼありません。

ちなみにマルチプレイですが施設はすべて稼働しています、工事中のものがありませんので油断は禁物です。
私のサブアカウントはTH7なので一応格上との戦いになります。



act1

▼必ず援軍を確認します。

ホグライダーは防衛施設を優先的に狙うので、援軍に襲われても反撃できません
ホグライダーを出す前に必ず援軍を確認し、すべて倒しましょう。

ちなみにこの確認作業のときに巨大爆弾がないかチェックできるとグッドです。
今回は援軍がいませんでした。



act2

▼援軍を処理します。

今回は前述したように援軍がいなかったので処理の必要はありませんでした。

援軍がいた場合、バーバリアンやアーチャーなどで援軍を誘導し、1つにまとめます。
ウィザードは半径0.3マスの範囲攻撃なので、うまく1つにまとめれば一瞬で援軍を倒すことが出来ます。
もちろんきれいに半径0.3マス内にまとめるのは難しいので、ウィザード2~4体程度で囲います。
ちなみに処理に時間がかかると時間切れでホグラッシュに失敗します



act3

▼ババキンが倒しやすければ倒しておきましょう。

ババキンは移動速度が遅いうえに近接攻撃なのでホグに追いつくことができず、基本的にウロウロしてるだけの「でくの坊」です。
なので無理して倒す必要はありません。

ですがこのようにあまりにも倒しやすい場合は先に倒しておきます、とくにホグのレベルが低い場合はババキンも侮れません。
なんだかんだで低レベルホグを2回殴るだけで倒してきます。


ちなみにババキンを倒すときはジャイアントやババキンを「オトリ」として出し、後ろからウィザードでボコボコにします。
自分はタイマンのつもりでも周囲の施設は容赦なく攻撃してきます、オトリを出さないと逆に返り討ちにされます。


また、援軍処理に使用したウィザードをそのままヒーロー処理に使えるとグッドです。
act2でクイーンの近くで援軍処理をしているのはそれが理由です、あのままクイーンも処理します。



act4

▼巨大爆弾の除去、援軍の処理、ヒーローの処理が終わったらホグを出します。

本当ならホグの移動ルートを計画して適切な位置にホグを出さねばなりませんが、30秒でそれを判断するのは難しいので今回は適当に出しました
本来は画像赤丸のように「巨大爆弾のありそうなところ」は避けたほうがいいのですが、そこまで頭が回りませんでした。
決してマネをしてはいけません


ホグの出し方ですが、30体も使うときは2列にして出した方がいいです。
30体も同じところから出すと、最後尾のホグが先頭に追い付くころには施設が壊れていて、攻撃せずになんども追いかける”無駄”が生じます。


他にもホグをバラバラに出すことで巨大爆弾を探ったり、援軍を釣りながらサイドカットをしたり、色々な出し方があります。



act5

▼ホグの進行方向やHPを見ながらヒーリングを使います。

焦って序盤にヒーリングを使いすぎると終盤でホグが力尽きて失敗します。
かといって序盤でホグが減りすぎると終盤で突破力不足になり失敗します。


ホグの移動ルートをあらかじめ計画しておけば、ホグのHPだけ見てればいいので少し余裕ができます。
なので「ヒーリングの無駄打ち」は移動ルートを計画する時間の短いマルチプレイで起こりやすいですね。


注意点は以下
・ホグが今いるところではなく、これから行くところにヒーリング
・ヒーリングの範囲が重ならないようにする
・ホグがバラバラに動かないような移動ルートを判断する
・ホグは防衛施設を狙うので、より多くの防衛施設がヒーリングの範囲内におさまるようにする(防衛施設がないところにヒーリングを投下しても無駄



act6

▼あとは見てるのみ!

ヒーリングを使い果たしたらホグが頑張ってくれるのを見てるだけです、もう何もできません
終盤でアーチャーなどを残しておくと、取りこぼした施設の破壊に便利です。
いつも終盤で時間切れになってしまう人は援軍の処理に時間がかかりすぎ、ホグを投下するのが遅すぎかもしれません。


ちなみにご覧のとおり、ホグがタウンホールを破壊するのはゲーム終盤です。
つまりホグは星1つの危険が非常に高いユニットです。
ホグで星1つなんてよくあることなのでメンバーが理解してくれれば問題ないのですが、理解の浅いメンバーが多いと冷たい目でみられるかもしれません



結果


格上を相手に援軍未使用、余裕の全壊でした。
といっても相手の援軍が不在だったので当然ですね。


▼手順付の動画です。




終わりに

レベル1~2のホグライダーでも今回のように「巨大爆弾レベル3の危険がない村」であれば全壊を狙うことが出来ます。
クラン対戦などであらかじめ移動ルートが計画できるならば、その確率はグッと上がるでしょう。


とかなんとかいってみましたが…。
実際「巨大爆弾の危険がない村」は非常に少ないです
TH7は巨大爆弾をレベル3にできないので基本的に問題ありませんが、TH8が相手だとかなり村を限定されます
レベル3~4になれば巨大爆弾レベル3でも耐えてくれるので実用的になるのはここからですね。


というわけでTH7~8の方は一刻も早くホグライダーを育てましょう!
ホグはTH9になってからも全壊を狙えるので、育てて後悔することはありません。
むしろ育てなかったことを後悔するユニットです。


それではまた!

1 件のコメント :