ツール リンク ログ

2014/07/13

アプデ後のウォールブレイカーが使いにくい

以前「ウォールブレイカーの動きが変わりました」でも紹介したように、ウォールブレイカーがかなり使いにくく変更されました。
ウォールブレイカー(以下wb)が変更されたというよりも「すべてのユニットが1つの壁を集中して狙うようになった」ことの影響ですね。

この変化に気づいたときはきっと苦情が殺到して修正されるものと思ってましたが、とくにそのような話もなく現在に至ります。

もしかして、まだこの変化に気づいたプレイヤーが少ないのではないか?
なんか使いにくくなったけど原因までは知らないのではないか?
そんなことを思い、もう一度wbの動きの変化について紹介します。


act1
赤いルートにジャイアント、青いルートにwbを投入して部屋のつなぎ目を破壊します。これで2部屋に侵入できます。ジャイアントを離して出すのは迫撃砲などの範囲攻撃の巻き添えでwbが死ぬのを避けるためです。

act2
ジャイアントが予定通りの壁をターゲットしました。

act3
wbを出すと…なんと「つなぎ目」ではなくジャイアントの狙っている壁をターゲットしました。


これは冒頭で述べたように「ユニットが1つの壁を集中して狙うようになった」ことが影響しています。
以前ならきちんと「つなぎ目」を破壊していました。

今回の例ではジャイアントをターゲットしたのが単体攻撃の大砲だったのでwbが死ぬことなく壁を壊せました。
しいていえば「つなぎ目」を狙えなかったので2部屋壊すのに倍のwbが必要になりました。

しかし問題はこのような配置です。

青い部分を壊したい、しかしウィザードの塔の範囲内…。
以前ならジャイアントをオトリにすれば破壊できましたが、今はジャイアントとwbが同じ壁を狙い1箇所にかたまってしまうので範囲攻撃の餌食になります。

同格を攻めるならそこまでの障害を感じませんが、格上を攻めるときはプランをたてて編成するのでかなり厳しくなります。
個人的にはwbの挙動を修正してほしいのですが、アプデから1週間以上たっても何もないってことはこのままいくのかもしれません。

0 件のコメント :

コメントを投稿